2017-10

イロコイズ・ピーク - ニューヨーク州アディロンダック山地

イロコイズ・ピーク Iroquois Peak 4,843フィート(1,476メートル) - ニューヨーク州アディロンダック山地
2017年9月17日(日曜日)
トレイルヘッドスタート 午前7時41分 気温華氏53度(摂氏11.7度)
往復9.4マイル(15キロメートル)
Iroquois_convert_20170925083943.jpg

アメリカン・インディアンの部族名をその名にもつイロコイズ・ピークは、アディロンダック山地では8番目に高い。アルゴンキン・ピークAlgonquin Peak (5,115フィート、1,559メートル)やライト・ピークWright Peak (4,587フィート、1,398メートル)などを含むマッキンタイア山系MacIntyre Rangeに属する。

朝2時に起床、3時少し前に出発、マフィンと缶コーヒーの朝食を摂りながら運転して、7時30分ごろトレイルヘッドのアディロンダックロッジに到着する。人気の高いトレイルヘッドだけあって、駐車スペースはすでに残りわずかとなっていた。
IMG_1579_convert_20170924231633.jpg
-すでにほとんど満杯のアディロンダック・ロッジ駐車場-

7時41分にトレイルヘッドをスタート。
IMG_1580_convert_20170924231551.jpg
-入山登録簿に記入してスタート-

比較的平坦なトレイルを1マイルほど行くと、分岐点がある。今日のコースは、ここから右に折れて、まずアルゴンキン・ピーク(2011年に登頂済み)を登り、その先にあるイロコイズ・ピークへ至り、来た道を戻る、というもので、アディロンダック第二の高峰アルゴンキン・ピーク(標高1,559メートル)を、行き帰り2度登ることになる、かなり厳しいルートだ。アルゴンキン・ピークまでは、標識にあるように、3マイルで3000フィート近く上るという急登だ。
IMG_1583_convert_20170924231443.jpg
-「Algonquin Peak (ascent 2,992') 3.0」との表示が急登を予期させる-

しかも、北向きの斜面なので、日当たりが悪く、トレイル上、岩の多くが苔むしていて滑りやすい。
IMG_1586_convert_20170924231359.jpg
-木の根っこは、下る時に滑りやすく苦労する-

IMG_1590_convert_20170924231323.jpg
-トレイルの所々に露出する岩盤を上る-

IMG_1592_convert_20170924231218.jpg
-路面の岩は、湿って苔むして滑りやすい-

IMG_1601_convert_20170924231129.jpg
-巨大な岩の露頭をよじ登る-

IMG_1603_convert_20170924231053.jpg
-アルゴンキン・ピークが姿を現す。かなり上ってきた-

IMG_1605_convert_20170924231015.jpg
-紅葉が早くも進んでいる-

IMG_1609_convert_20170924230936.jpg
-いかにも滑りそうな岩が続く-

標高5,000フィート(1,524メートル)を超えるアルゴンキン・ピーク頂上までのルートの終盤は、森林限界を超えた岩場となる。
そのおかげで、見晴らしの良い区間が長く続く。傾斜はきついが、今日のようによく晴れた日にはうってつけのルートだ。
IMG_1612_convert_20170924230855.jpg
-周りの木々も少しずつ減り、遠くの景色が見え始める。尖った山はホワイトフェイス・マウンテン-

IMG_1614_convert_20170924230818.jpg
-ここからAlpine Plant zoneとの標識-

IMG_1615_convert_20170924230742.jpg
-森林限界を越えて岩場を上る-

IMG_1618_convert_20170924230701.jpg
-アルゴンキン・ピーク頂上近くの岩肌を上る-

IMG_1621_convert_20170924230621.jpg
-ケルンと、高山植物を傷つけないための小石を使った境界線-

出発後、約2時間30分でアルゴンキン・ピーク頂上に着き、しばし絶景を楽しむ。
IMG_1622_convert_20170924230533.jpg
-アルゴンキン・ピーク頂上の三角点-

IMG_1625_convert_20170924230459.jpg
-北方向。右端にレイクプラシッドの町越しに、尖った形のホワイトフェイス・マウンテンが見える-

IMG_1626_convert_20170924230416.jpg
-北東方向-

IMG_1627_convert_20170924230335.jpg
-東方向-

IMG_1628_convert_20170924230200.jpg
-南東方向。やや右手の高い山が、ニューヨーク州最高峰のマウント・マーシー(1,629メートル)-

IMG_1629_convert_20170924230114.jpg
-南方向-

IMG_1630_convert_20170924230032.jpg
-南西方向-

IMG_1631_convert_20170924225955.jpg
-西方向。左手手前に今日の目的地イロコイズ・ピークが見える-

IMG_1632_convert_20170924225904.jpg
-北西方向-

目指すイロコイズ・ピークは、ここから1.1マイル(1.8キロメートル)先、手前のバウンダリー・ピークの奥に見える。
IMG_1634_convert_20170924225814.jpg
-左手手前の縦に並んだ二つのコブの奥がイロコイズ・ピーク-

IMG_1635_convert_20170924225730.jpg
-アルゴンキン・ピークから少し下った鞍部から見たイロコイズ・ピーク-

アルゴンキン・ピークから一旦下って、5年前に苦労して下ったコールデン湖までのルートとの分岐点から0.7マイル先のイロコイズ・ピークを目指す。ここから先、トレイルは細くなるが、以前はぬかるみが酷かったらしい箇所には、小まめに板橋が設置されており非常に助かる。
IMG_1636_convert_20170924225649.jpg
-ここを右に行く。この先は正式なトレイルではなく、道幅は細くなる。左へ行くとコールデン湖までの急な下りとなる-

IMG_1638_convert_20170924225608.jpg

IMG_1640_convert_20170924225522.jpg
-一つ目のコブ、バウンダリー・ピークから見るイロコイズ・ピーク-

イロコイズ・ピークの頂上直前は、かなりテクニカルな岩登りとなるが、探せば迂回路もあり、それほど危ない思いをせずに登ることができた。
IMG_1641_convert_20170924225437.jpg
-行く手を遮る岩塊。ここは何とか登れた-

IMG_1642_convert_20170924225347.jpg
-別の岩。よじ登れそうで登れず、右から迂回-

出発して約3時間で、今日の目的地イロコイズ・ピーク頂上に到着。頂上は森林限界を超えており、アルゴンキン・ピークに勝るとも劣らない360度の絶景を楽しむことができた。
IMG_1645_convert_20170924225255.jpg
-頂上少し先の崖っぷちから南方向を見る-

IMG_1647_convert_20170924225206.jpg
-イロコイズ・ピーク頂上にて-

IMG_1648_convert_20170924225122.jpg
-同上-

IMG_1650_convert_20170924225041.jpg
-イロコイズ・ピークから北方向。尖ったホワイトフェイス・マウンテン(1,483メートル)がやや右手に見える-

IMG_1651_convert_20170924224957.jpg
-北東方向。先ほど登ったアルゴンキン・ピーク-

IMG_1652_convert_20170924224917.jpg
-東方向。手前の幾筋かの崖は先月8月20日に登ったマウント・コールデン、その奥にマウント・マーシー-

IMG_1653_convert_20170924224832.jpg
-南東方向。下方にコールデン湖が光る-

IMG_1654_convert_20170924224752.jpg
-南方向-

IMG_1655_convert_20170924224704.jpg
-南西方向-

IMG_1656_convert_20170924224630.jpg
-西方向-

IMG_1657_convert_20170924224548.jpg
-北西方向-

復路は、森林限界までは眼下に広がる景色が素晴らしかったが、その後は苔むして滑りやすい岩に苦労しながら慎重に下りたために、イロコイズ・ピークから3時間と、上りと変わらない時間がかかった。
IMG_1666_convert_20170924224451.jpg
-アルゴンキン・ピークを上り返す-

IMG_1668_convert_20170924224406.jpg
-同上-

IMG_1670_convert_20170924224328.jpg
-アルゴンキン・ピークから見たマウント・コールデンとその奥のマウント・マーシー-

IMG_1674_convert_20170924224253.jpg
-帰路の絶景。ホワイトフェイス・マウンテンとレイクプラシッド-

IMG_1676_convert_20170924224213.jpg
-アディロンダックでは早くも紅葉がかなり進んでいた-

IMG_1682_convert_20170924224136.jpg
-ホワイトフェイス・マウンテンが正面奥に、右手間近にライト・ピークを見ながら下る-

全行程6時間、トレイルヘッドに午後1時20分無事到着した。
IMG_1689_convert_20170924224020.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://runusa.blog119.fc2.com/tb.php/59-8e5d72fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

内之助

Author:内之助
マラソンは、2008年12月のホノルル・マラソンをもって、全米全州(50州+DC)でフル・マラソンを夫婦で完走。その後、トレイルでのウルトラ・マラソンを経て、今はタイムを気にしなくても良い登山やハイキングを楽しんでいる。
音楽は、中学校1年生の時に、FMで偶然耳にしたモーツァルトの喜遊曲がきっかけでクラシックにのめり込む。
読書は、ノンフィクション中心に、同じ著者のものをまとめて読む傾向あり。小林秀雄、吉田秀和、カール・ヒルティ、スティーヴン・ジェイ・グールド、内田樹、茂木健一郎など。
仕事はサラリーマン。1995年以来ニューヨーク市郊外在住。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ようこそ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する