2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年コロラド州14ersの旅 7日目 Island Lake

2015年7月25日(土) Island Lake

前日の24日金曜日は、降水確率が50%だったので、登山は見送り、休養日として、洗濯や読書などをしてゆったりと過ごした。
翌25日土曜日は、14ersの一つ、アンコンパーグレUncompagre Peakを目指すつもりで早朝2時半に起床したものの、天気予報では、午前中から(30%程度ながら)雷雨の可能性あり、となっており、往復25キロ近いハイキングとなるアンコンパーグレへの登山は諦めた。代わりに、クルマで4時間ほどのところにT.H.がある、Island Lakeへのハイキングに行くことにした。
T.H.は、2013年に、Hard Rock 100マイルレースに参加する友人ランナーのサポートのために訪れたSilvertonの町の近くだ。当時を懐かしみつつ、古い鉱山町ユーレイOurayや絶景のミリオンダラー・ハイウェイを通ってT.H.までのドライブを楽しみ、キャンプ場そばのT.H.に着いた。10時56分にこの標高2,980メートルのT.H.をスタートした。
T.H.からこれから登る方向を見る
-T.H.からこれから登る方向を見る-

トレイルは、前三方を尾根に囲まれた幅広い谷を、真ん中の尾根目指して少しずつ上っていく。目指すIsland Lakeは、その尾根の向う側にあるIce Lakeを過ぎて、さらに右手奥の山の向うに回ったところにある。これらの湖から流れ出る水がこの谷間一帯を潤しているようで、高山植物が大変豊富だ。
このトレイルも高山植物が豊富
-高山植物の宝庫のようなトレイルだ-

この尾根を越えた向う側に目指す湖がある
-この尾根を越えた向う側にIce Lakeがある-

今回のハイキングは、14ers登山ではないものの、往復13.4キロもの距離があり、所どころ急傾斜もあり、最高標高も3,900メートル近く、と決して簡単なコースではない。手応え十分な本格的なハイキングだ。
トレイルはやや急になってくる。もう少しだ。
-トレイルはやや急になってくる。もう少しで尾根越えだ。-

水が豊富なこの谷は緑が豊かに繁る
-水が豊富なこの谷は緑が豊かに繁る-

様々な高山植物
-様々な高山植物-

尾根を越えて、まず、Ice Lakeに到着した。目指すIsland Lakeは、ここから右手に回り、山を越えたところにある。
Upper Ice Lake
-Ice Lake-

その山越えの途中、下方にはIce Lakeが見下ろせる。
Island Lakeへ続くトレイルからUpper Ice Lakeを見下ろす
-Island Lakeへ続くトレイルからIce Lakeを見下ろす-

Ice Lakeから45分ほどでIsland Lakeに到着した。真ん中に岩の島があるコバルトブルーの美しい湖だ。写真右上方に見えるつづら折りのトレイルが、Hardrock 100マイルレースのコースの一部だ。
Island Lake。右上方のつづら折りのトレイルがHard Rock 100のコースの一部
-Island Lake。右上方のつづら折りのトレイルがHardrock 100のコースの一部。-

その拡大
-そのHardrock 100のコースの一部の拡大-

せっかくなので、そのトレイルを途中まで上ってみた。そこから見下ろすIsland Lakeの美しさは格別だった。
Hard Rock 100コース上から見えるIsland Lake
-Hardrock 100コース上から見えるIsland Lake-

帰りは、来た時とは別のトレイル(これもHardrockのコースの一部)を通って、トレイルランを楽しみながら下り、往復4時間2分でT.H.に到着した。
下りのトレイル
-下りのトレイル-

今回のコロラド州14ersの旅では、3つの14ersに登ることができたほか、Crested ButteやIsland Lakeでのハイキングも楽しめ、充実したものだった。登れなかったアンコンパーグレには、また別の機会に挑戦したい。

帰りのフライト、ユナイテッド1962便は、7月26日日曜日夕方5時半にデンバーを発ち、ニューヨーク・ラガーディア空港に夜11時過ぎに無事到着した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://runusa.blog119.fc2.com/tb.php/54-6b97c3f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

内之助

Author:内之助
マラソンは、2008年12月のホノルル・マラソンをもって、全米全州(50州+DC)でフル・マラソンを夫婦で完走。今は、トレイルでのウルトラ・マラソンを楽しんでいる。
音楽は、中学校1年生の時に、FMで偶然耳にしたモーツァルトの喜遊曲がきっかけでクラシックにのめり込む。
読書は、ノンフィクション中心に、同じ著者のものをまとめて読む傾向あり。小林秀雄、吉田秀和、カール・ヒルティ、スティーヴン・ジェイ・グールド、内田樹、茂木健一郎など。
仕事はサラリーマン。1995年以来ニューヨーク市郊外在住。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ようこそ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。